ココモ法を極めたいなら

カジノゲームで効率良く資金を増やすには、戦略が欠かせません。
古くから様々な戦略が考えられてきたのですが、その1つにココモ法と呼ばれるものがあるのです。
ココモ法が人気の理由としては、1度勝てば損失を取り戻せる点でしょう。
カジノゲームはランダムな結果になるため、いつも勝てるわけではありません。
確率で言えば負けることが多いものなので、一度勝つだけで損失を取り戻せるココモ法が有用なのです。
そこでココモ法について詳しく調べてみます。

ココモ法とは?

最初にココモ法の概要から解説していきます。

★最初に基準となるベット額を決めておく
★2連敗した後からスタートする
★前回と前々回のベット額を足した額をベットする
★勝てば終了する
★負けている間はずっとベット額を足していく

ココモ法は2連敗した時点からスタートする方法です。
最初に基準となるベット額を決めておくのが、わかりやすいように1ドルとします。
1ドルを賭けて2連敗した後にスタートなので、1ドルと1ドルを足した2ドルをベットしてください。
ここで負けた場合は1ドルと2ドルを足した3ドルをベットします。
さらに負けると2ドルと3ドルを足して5ドルといったようにベットするのです。
負けた場合にのみ適用できる資金管理戦略となります。
勝てば損失を取り戻して、利益をわずかながらも出すことができるでしょう。
ちなみにココモ法では連敗を重ねて、ベット額を大きくなるほど利益も大きくなっていきます。
ただゲームの流れによっては、まったく勝てないこともあるでしょう。
そうした場合は、損失が大きく膨らむ前に損切を考えてください。

ココモ法が有効なカジノゲームとは?

ではココモ法が有効なカジノゲームを紹介しましょう。

★配当率が3倍程度のゲームのみ有効

前提となる条件がこの1つしかありません。
多くの戦略では配当率2倍という条件がつくのですが、ココモ法の場合だと2倍の配当率では損失を埋められないのです。
ですので3倍配当のゲームを利用してください。

★ルーレットのコラムベットやダズンベット

実は3倍配当のゲームというのが、あまりありません。
ですので代表的なのがルーレットになると考えてください。
ちなみにバカラにおける引き分け狙いでココモ法を使うという人もいます。

ココモ法のメリットとデメリットを見える化

次にココモ法のメリットとデメリットも確認しておきましょう。
既に概要はお伝えしているのですが、これだけではメリットとデメリットがわかりにくい部分もあります。
ココモ法を使うとしても、メリットとデメリットは把握しておくべきです。

 

ココモ法のメリットについて

ココモ法のメリットから見ていきましょう。

★資金が少なくても利用できる
★1回の勝ちで利益が出る

負けた時にベット額を増やしていくという戦略は珍しいものではありません。
特に有名な方法だと、ベット額を負ける度に倍額へとしていきます。
この方法では負けがこんでしまうと、多額の資金が必要となるのです。
しかしココモ法であれば、最初の方はベット額の上がり方も緩やかになります。
ですのでこの手のベット方法としては資金が少なくてすむのです。
また1回勝つことで損失はすべて取り戻すことができます。
負ければ負けるほど利益を出せる方法となっているのが魅力でしょう。
つまりココモ法というのは、負けることが前提の戦略だと考えてください。

 

ココモ法のデメリットについて

反対にココモ法のデメリットには何があるのでしょうか。

★3倍配当のゲームが少ない
★勝率が低い
★マックスベットになることがある

ココモ法が有効なのは3倍配当のカジノゲームです。
ただ先にも挙げたように、ルーレットのダズンベットやコラムベット以外には、なかなか該当するゲームがありません。
また他の攻略法のように2倍配当だと勝率が約50%程度になるので、ある程度は勝つことができます。
ですが3倍配当だと勝率が約30%程度にまでなるので、なかなか勝てないというケースがあるのです。
つまり負けがこんでしまうと、テーブルリミットに達してしまう可能性があります。
ベットする額が大きくなるほど、精神的にもプレッシャーがかかるでしょう。

ココモ法の損切ラインを考えよう

ココモ法では1度の勝利で損失を埋めた上で、利益を出すこともできます。
このことから連敗をしても気にせずに、ベット額をどんどん釣り上げていく人も少なくありません。
資金が豊富にあるのなら良いのですが、連敗が続くと早々にマックスベットとなって戦略が破綻することもあるのです。
そこで重要なのが、いつ損切をするのかという点でしょう。

★資金が不足したら損切をする
★資金に関係なく5連敗したら損切をする

などのように考えるのが一般的です。
少ない資金の人ならテーブルリミットに達する前に、限界がくるでしょうからそこを1つのタイミングにします。
もう1つは資金に関係なく、5連敗したら損切すると予め決めておく方法です。
便宜上5連敗としましたが、ここの数字は任意で決めてください。

ココモ法についての情報を解説してみました。
ココモ法は連敗をしている時に使える資金戦略になります。
2連敗した後からスタートで、前回と前々回のベット額を足した額を賭けてください。
ここで勝利をすれば、利益を出すことができます。
逆に負け続けると、前回と前々回のベット額を足していくというのを続けるのです。
3倍配当のゲームで利用する戦略なので、2倍配当では使えません。
また勝てない場合は、どんどんベット額が増えていきますので、予め損切する額や連敗数を決めておくといいでしょう。